[Golang]Ginは本番環境ではreleaseモードにしよう

みなさん、Ginを使っていますよね。Goのフレームワークの。

今回はGinの本番環境でのモードについて記事を書こうと思います。

デプロイすると、、、

Ginを使ったプロダクトをデプロイすると、こんなメッセージが表示されることがあると思います。

[GIN-debug] [WARNING] Running in "debug" mode. Switch to "release" mode in production.
- using env:	export GIN_MODE=release
- using code:	gin.SetMode(gin.ReleaseMode)

デバッグモードで動かしていると、色々と情報が見えちゃうので危険です。リリースモードで動かしましょう。

リリースモード

メッセージにしたがって、環境をGIN_MODE=releaseにして、次にmain()のなかにgin.SetMode(gin.ReleaseMode)を書きましょう。

その際、routerの前に書いてください。

gin.SetMode(gin.ReleaseMode)
router := gin.New()

これでデプロイするとリリースモードで動かせれるようになりました。